ブログ

家庭菜園の最近のブログ記事

s-IMG_9878_edited-1.jpg雨が降り、気温がぐっとあがった。
夏至が近くなり、日が延びた。


それで菜園の作物たちはこれまでになく急激に生長をはじめた。
特にカボチャはすさまじい。
1日でツルが10cmか、それ以上伸びているのではないか。
狭い菜園で傍若無人の振る舞いである。


葉っぱを見ると、コガネムシのようだけど、それよりははるかに小さい、米粒ほどのムシが付いている。
ウリハムシという(写真上)。ウリ科の作物に付く葉虫だから、そういう名前だ。
葉虫というのは、まあ、昆虫の総称である。
ウリバエともいう。といってもまったくハエらしくはない。s-IMG_9876_edited-1.jpg


食事の仕方が器用だ。きれいな円を描いて葉を食べるのだ(写真下)。
むやみやたらと食い散らかすというのではない。
また、よく飛ぶ。しかし、飛び方も何かヨレヨレとしていて、とてもスローで、簡単に手ではたき落とせる。
害虫だが、その行動といい、小さな丸い目とチョンと延びた触覚になんとなく愛嬌があるムシだ。

s-IMG_9784.jpgズッキーニを収穫した。
黄色い果実のゴールドトスカという品種だ。


受粉をして一週間で長さ20cmくらいになった。
ミツバチが見当たらないので人口受粉をした。
雌花と雄花が咲いているのを見つけたら、雄花の花粉を筆ですくい取り、雌花の柱頭になすりつけてやるのだ。


2年前に初めてズッキーニを育てたときは、それを知らなかった。s-IMG_9787.jpg

雌花ついたのを見つけて、実が膨らむのを待ち遠しく待っていたのだが、いつもすぐに実が落ちてしまっていた
結局、その年はひとつも収穫できなかった。
ただ、大きな葉を茂らせて、夏が終わると何事もなく枯れてしまった。
けっこうむなしい。


受粉が必要なことは後で知ったのだ。
ムシがいないと何かと人の手間がかかってしょうがない。
悪いムシもたくさんいるけれど、でも、やっぱりムシがいないと何かおかしくなってしまっていけない。


ところで、先日のデイキャンプで一人の青年が料理の材料としてあったこの野菜を見て言った。
「でかいオクラですね」
未知の野菜は世の中にたくさんあるので、青年がそういうのも仕方ない。

s-IMG_9757.jpg ジャガイモはナス科である。
 一見したところ、そうは見えなくてもトマトや、ナスや、ピーマンなどと同じ仲間である。
 だからしてトマトのように実がなったりする。


 ジャガイモの花の雌しべが受粉してできる。
 ほかの多くの作物と同じように、ジャガイモにもいろいろな品種があるが、結実しやすいのはキタアカリという品種だそうだ。
 我が家で植えたのは、まさにキタアカリだ。
 カレーなどによく使われる、煮崩れしにくい男爵では実ができないらしい。


 実の大きさは直径1cmほどだ。
 ジャガイモの実を発見したのは初めてなので、この先どうなるかは分からない。
 ちょっと楽しみだ。


 野菜は自分でつくってみるといろいろ発見があるから、面白い。
 スーパーで並んでいる、"完成品"では知れないことがたくさんある。

s-IMG_9725.jpg
タマネギを収穫した。


昨年11月に植え付けた苗がよく育った。
スーパーに並ぶような立派なものではないけれど、それでも野球ボールくらいの大きさにはなった。十分だ。


ぴんとまっすぐ伸びた緑色の葉が横に倒れたころが、収穫時期の目安だ。畑に植わっているタマネギの八割ほどがそうなったら、天気の良い日にまとめて収穫する。


土から引き抜いたタマネギは2、3日放っておいて、葉が乾燥したら、風通しのよいところにつるしておくと、保存できる(写真)。


また、葉は長ネギと同じようにして食べられる。
春先の、収穫したてのタマネギだけで味わえる。
こういうのは家庭菜園ならではの楽しみだ。
フツウ、スーパーで売られているタマネギには、緑の葉っぱついていないでしょう。


同じようにスーパーではみないけれど、ダイコンやカブの葉はもちろん、ニンジンやブロッコリーの葉なども食べられたりするのですよ。

s-IMG_9555.jpgジャガイモにニジュウヤホシテントウがやってきた(写真をクリックするとおおきく見られます)。


別名は、テントウムシダマシという。
"だまし"というわけだから、一般的なテントウムシとはちょっと違う。
テントウムシの仲間の多くは肉食で、アブラムシを捕食してくれる益虫なのだが、このテントウムシダマシは害虫なのである。
草食でジャガイモなどの葉を食べる。
翅につやがなく、黒い斑がたくさん見られるのが特徴だ。
見つけたら補殺。


ところで、ジャガイモは、あのような作物であって、ナス科である、ナスやトマトやピーマンやトウガラシと同じ仲間である。花をみると同じなので、それと分かる。


あとひと月ほどで収穫だ。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9