ブログ

家庭菜園の最近のブログ記事

●スイカ

 

菜園でできた今年初のスイカを収穫しました。 スイカ02.JPG

小玉です。


収穫時期は、受粉から30~35日くらいなのですが、受粉日をメモしていないので、カンです。


実の付け根にあるヒゲのように短いツルが枯れたくらいが目安です。


あとは実をたたいてみて低い音がすればよし。

 

これは経験がものをいうところです。


で、そういう状況から、ぼちぼちかなと思い収穫してみました。


割ってみると、4~5日早かった。


でも、まずまずの出来でしょ。


カラスに食べられる前にとれたし。


甘みも十分ありました。

●ジャガイモ収穫

 14.07.04ジャガイモ.JPG

3月に植え付けたジャガイモを、先日収穫しました。

 

結構いい出来です。

 

昨年を考えるとこれで12月頃まではもちます。

 

そして、その頃になると秋ジャガがとれ、春先まで食卓を潤してくれるので、そう考えると年間ジャガイモ自給率は70%くらいでしょうか。

 

品種は男爵とキタアカリです。

今年、我が家の畑の一角に一坪ほどのちっぽけな田んぼを作りました。  

 その稲が実り、先日稲刈りをしました。IMG_2163.JPG

しばらく天日に干して、それから脱穀です。

自分でつくったお米のご飯、楽しみです。

 

IMG_2175.JPG

 

 

 

 

 

2012-07-01 09.36.54_edited-1.jpgジャガイモを収穫しました。
3月に植えつけた種イモは、6月下旬になると茎と葉が枯れ始めますので、そうしたら収穫です。ひと株に大小10個くらいのイモがつきます。
イモ類は掘ってみるまで、出来具合が分からないので、それが何かワクワクとさせてくれます。


今年から始めた畑で、土は石混じり、肥料分も十分ではなく、まったく状態はよくないのですが、それでもそこそこの収量がありました。
2012-07-01 09.38.21.jpg


ジャガイモの栽培は比較的簡単です。あまり世話しなくてもよく育ちます。イモ掘りは楽しいし、収穫したイモは、乾かしたあと日陰において、芽が出たら取り除くようにすれば、かなり長い期間保存がきくのもいいところです。


掘ったジャガイモは、泥を洗い落したあとアルミホイルに包んで、焚き火に放りこみます。
中まで火が通ったら、アチチチと言いながら包みを広げて、バターと醤油2、3滴を垂らしってホフホフ食べるのが最高です。


土と火のある暮らしはなかなか楽しいものです。

IMG_2406+1.jpg
菜園を耕し始めました。
昨年は、自宅の修復が忙しくてまったく手をつけられなかったので、ようやくという感じです。


菜園は100坪ほどの広さがあります。
スコップと鍬で耕すのは、ちょっと大変です。


耕うん機が欲しいところですが、まだ、手に入れていません。
「誰かくれないかなぁ」と思って待っています。
使わなくなって処分に困っている人とか。


新品を買うと、100坪ほどを耕せるクラスの耕うん機は10万円以上します。
中古でも5万円くらいでしょうか。


とりあえず、今は、人力で耕していきます。
一度に100坪を耕そうとすると、気が滅入るので、ちょっとずつやっていきます。


仕事の合間の気分転換として。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9