ブログ

古民家改修と DIYの最近のブログ記事

●ログハウスマガジン 7月号

ログマガ1807.jpg
(発行:地球丸、5月30日発売)

担当ページ: P108-111「田舎暮らしライター和田のDIYでつくる火の道具」

「火の道具」をテーマにしたDIY連載の第二回目です。


今回は作ったのは「石組みのファイアプレイス」。


 自然石を円形に敷いただけのシンプルな炉ですが、庭の景観として美しくあることや、使い勝手などを考えると結構奥深いものです。


 形や地面との高さを確かめながら、丁寧に石を平らに並べていく地味な作業でしたが、座って火を眺められる座石なども設け、なかなかいいファイアプレイスができたと思います。

●ログハウスマガジン 5月号

ログマガ18.05.jpg
(発行:地球丸、3月30日発売)

担当ページ: P104-107「田舎暮らしライター和田のDIYでつくる火の道具」、P114-117「ヴィンテージスタイルでいこう!」
 
 同誌で6年あまり連載していたDIY企画「筑波山麓和田工房」から、1年の充電期間を経て、新連載が始まりました。

 今回は「火の道具」をテーマにしたDIY企画です。
第一回目は「岡持ち式ポータブルグリル」。

 ミニグリルと道具箱を重箱のように重ねて持ち運べるもので、ソロキャンプや庭で1~2人のBBQにぴったり。

 焼き鳥やサンマを焼いたりして、七輪のように使えますよ。

●木のアプローチ
木のアプローチ.JPG

木のアプローチを作りました。

 

木は近所で伐採されたサワラ。

 

丸太をチェーンソーでタイコ引きし、防腐剤をたっぷり塗って地面に埋め込みました。

 

目地にはシロツメ草の種をまいたので、暖かくなるころには緑に覆われます。


アプローチは木なのでいずれは腐りますが、かまいません。


10年持てばよし。


3年前防腐剤も塗らずに地面に埋めて木道にしたサワラはいまだに何の不具合もありません。

_C3O3802.JPG●ウェルカムガーデン

 

今の家に暮らし始めて約3年半。

 

ずっと放ったらかしだった自宅入口をちょっとだけいじりました。

 

石積みと枕木と植栽によるウェルカムガーデンです。

 

中心の樹木はシマトネリコです。

 

さらさらとした軽やかな葉が茂る常緑の広葉樹です。

 

こちらは「夢の丸太小屋に暮らす」改め、「LOGHOUSE MAGAZINE 1月号」で紹介予定です。

 

素人仕事の庭作りが続いています。

 

●庭づくり

 

最近、庭づくりが楽しくなっています。 坪庭.JPG

 

樹木や花の本を買ってそれを手に、花木センターなどに行って花や木をちょこちょこ入手しては植え付けています。

 

樹木や石の配置など、まったく素人仕事で自己満足です。

 

数年後、宿根草が根付いて、樹木が生長したころどうなるかというのは大変楽しみです。

 

ユンボを手に入れてから穴掘りや重い石の移動が大変楽になったので助かります。

1  2  3  4  5  6  7