ブログ

2017年2月アーカイブ


●やさしく学ぶ 菜園DIY 入門

saienDIY.jpg
(発行:地球丸、2月16日発売)


新刊が出ました。


「やさしく学ぶ菜園DIY入門」


これまでにない菜園アイテムのDIY本です。


竹を使った支柱のつくり方や野菜のネームプレートといった簡単なものから、回転式コンポストやチキントラクターなどユニークな道具まで、全22のDIYアイテムを紹介しています。


それぞれのアイテムには難易度や製作費、製作時間などを記しましたので、取り組むときの参考にしてください。


また、入門とあるようにDIY初心者でもとまどわないように、DIYに関する材料や道具、作業の基本なども丁寧に説明しています。


本書を参考に、野菜づくりがもっと楽しくなるアイデア道具を自分でつくっていただけたら嬉しいです。


●田舎暮らしの本 3月号

田舎17.03.jpg
(発行:宝島社、2月3日発売)

担当ページ: P62〜65「出張!人力山荘」


我が家のセルフビルド連載「出張!人力山荘」は11回目。


今回は窓サッシを取り付けました。


窓サッシは家を解体するときもっともやっかいなゴミになります。


それをうまく入手できたので、通常、家一軒のサッシを揃えると数十万はかかりところがゼロ円。


ただ、掃き出し窓のサッシがまだ入手できておらず、そこはまだにあいたままです。


掃き出し窓のサッシただいま募集中です。


●ログハウスマガジン 3月号ログマガ17.03.jpg


(発行:地球丸、1月30日発売)

担当ページ: P52〜57「薪づくりの教室」、P62〜66「薪割り機インプレッション」、 P112〜112「ヴィンテージスタイルでいこう」、P140〜143「Close Up」


人気の薪ストーブ特集号です。


私自身、薪ストーブユーザーということもあり、今号では、薪づくりのノウハウや薪割り機のインプレッションを担当させていただきました。


薪づくりはずっと手斧で、体を使うその作業は大好きなのですが、今回、実際に何台もの薪割り機を使ってみて、すごく便利。


薪割り機を1〜2日稼働させれば、我が家の1年分の薪がつくれることも判明。


率直に欲しいと思いました。


今回インプレしたなかで、個人的に気に入ったのは日本のPLOW(プラウ)というブランドの破砕力13トンタイプ。


スピードやパワーなど、家庭用としてのバランスに優れています。

●農業共済新聞


(発行:全国農業共済協会、1月25日号)


担当:3面暮らし面「田舎で再発見! アウトドアグッズ」


農業共済新聞の毎月4週号の連載「田舎で再発見!アウトドアグッズ」


1月4週号(11月23日発行)ではダッチオーブンを紹介しました。


我が家では20年ほど前に入手したものがいまも一線で活躍しています。


焚き火での使用はもちろん、家庭のコンロでも大活躍。


一度使うと手放せなくなる鍋です

1