ブログ

2016年10月アーカイブ

 

●農業ビジネスマガジン

農業ビジ16秋.jpg

(発行:イカロス出版、10月22日発行)

 

担当:P26~29「農産物輸出 はじめの一歩」、P48~53「2020年のオーガニックジャパンへ 自然養鶏」

 

農産物輸出の特集では、兵庫県豊岡市の「コウノトリ育む農法」を取材。一度日本で絶滅したコウノトリを再び野生に戻すため取り組まれた取り組みで、生物多様性をキーワードにした農法です。

 

ミラノ万博の日本館のすべてのご飯ものに採用され、今、本格的な輸出を見据えてさまざまなリサーチを試みています。自治体とJAと生産者が三位一体で取り組む活動を取材しました。

 

連載「2020年のオーガニックジャパンへ」では、著書「ニワトリと暮らす」の監修もしていただいた自然養鶏家の今井和夫さんを取材。

 

1989年から変わらぬ姿勢で消費者との関係を築き、飼料や飼育方法にこだわって安心、安全な卵と肉を生産しています。就農までのいきさつや経営術、農業スタイルを伺いました。

●農業共済新聞


(発行:全国農業共済協会、10月26日号)

担当:3面暮らし面「田舎で再発見! アウトドアグッズ」

 

農業共済新聞の毎月4週号の連載「田舎で再発見!アウトドアグッズ」


 

10月4週号(9月26日発行)ではバックパックを紹介しました。


 

旅や登山に限らず、日常のさまざま場面で活躍してくれるバックパック。バックパックのいいところは両手を使えるところで、サイズもいろいろあり、いくつか持っているとシーンに合わせて使い分けられます。

 

●田舎暮らしの本 11月号 田舎16.11.jpg


(発行:宝島社、10月3日発売)


担当ページ:P116〜119「出張!人力山荘」

 

我が家のセルフビルド連載「出張!人力山荘」は7回目。


前々号から続く棟上げです。


巨大丸太の梁、桁をのせ、今回の作業は小屋組。


土台の上で一度仮組みをしているので、スムーズに進むはずだったのですが、そこでなぜかうまくいかないのが本連載。

 

その内容はぜひ、誌面をご覧ください。

 

●ログハウスマガジン 11月号

ログマガ16.11.jpg
(発行:地球丸、9月30日発売)


担当ページ: P54〜57「ログハウスを建てる」、P114〜117「筑波山麓和田工房」

 

連載「筑波山麓和田工房」では、雑草や野菜クズなどの有機物を効率的に堆肥化するコンポストをつくりました。

 

回転式のユニークなものです。

 


ところで、この連載、2011年から実に5年にわたって続きましたが、今回で最終回となりました。

 

次回から新DIY企画が始まる予定です。ご期待くださいませ。

1