ブログ

2015年7月アーカイブ

ガルヴィ15.08.jpg●ガルヴィ8月号

 

(発行:実業之日本社、7月10日発売)

 

担当ページ:P58~P62「デイキャンプ&BBQスマートスタイルのススメ」、P115「アウトドアショップ探訪」

 

「デイキャンプ&BBQスマートスタイルのススメ」では、デイキャンプに必要な道具やサイトの作り方など、それについての基本的テクニックをご紹介。


連載の「アウトドアショップ探訪」は、東京・昭島に今春オープンしたモリパークアウトドアヴィレッジ内に店舗を構える「コールマン昭島アウトドアヴィレッジ店」を訪ねました。

ソトコト15.08_20150703_0001.jpg●ソトコト 8月号

 

(発行:木楽舎、7月5日発売)

 

担当ページ:P60-61「住んでみるための、日本の地方・移住ガイド」

 

ソトコト8月号の特集は移住特集です。

 

おもしろい取り組みをしている地域をいろいろ取り上げています。


特集内、地方・移住ガイドの関西~中国地方の記事を担当しています。

●やさい畑 夏号 やさい畑15年夏.jpg


(発行:家の光協会、7月3日発売)


担当ページ:108~111「有機のワザを菜園に」、P117~122「草刈り道具選手権」

 

連載「有機のワザを菜園に」で、茨城県の有機農家・涌井義郎さんを2年にわたって取材しています。

 

今回は緑肥を活用した秋ジャガ栽培のワザです。


緑肥を活用することで、冬の間、秋ジャガをずっと畑に保存しておけるようになります。


掘り出せばいつでも新鮮な新ジャガの味わいです。

 

「草刈り道具選手権」では一般的な草刈り鎌や三角ホーから、ちょっと変わった回転草抜きなどのアイデア商品まで、さまざまな草刈り道具を実際に使ってみて検証しました。


道具選びの参考にしてください。

●セルフビルド 基礎のコンクリ打ち
コンクリ打ち01.JPG

 

型枠を組んだのが5月上旬。


その後、5月下旬にコンクリを流しこみました。


ミキサー車を呼んで、流し込みは仲間を呼んでの素人衆による人力作業です。


コンクリの量は計算上3.3㎥。少し多めに3.8㎥を頼みました。コンクリ打ち02.JPG


人員は5名。


3人でコンクリを流し込み、1人はコンクリートバイブレータという機械で、流し込んだコンクリを撹拌します。


機械はホームセンターで、1日1000円でレンタルしました。


もう一人は、近所の現場を引退した親方。指揮をとってもらいます。

 

1時間半程度で流し終えなくてはいけません。

素人衆は周りを見る余裕もなく無我夢中で作業します。

 

それで、どうにかこうにか、流し終えました。

可能な範囲で天端を慣らし、土台を固定するためのアンカーボルトを埋め込んで終了です。

 

手伝ってくれたみなさまに感謝です。

 

この後、3日ほどおいて、型枠を外します。


1