ブログ

2015年3月アーカイブ

●パラオ

 

取材でパラオに行ってきました。

パラオ アバイ.JPG

 

 

赤道に近い南洋の、周囲をサンゴ礁に囲まれた島国です。


歴史的に日本と大変関わりが深く、ご高齢の方の中には流暢な日本語を話す人もいます。

 

取材ではありますが、ダイビングをしました。

 


ずいぶん久しぶりでしたが、結構体が覚えているもので、落ち着いて楽しめました。


透明度が高く、魚影の濃い、非常に美しい海です。

 

書きたいことはいろいろありますが、それはまた記事にしたときにご報告いたします。

 

写真は、アバイといわれる地域の集会所です。


1890年代のものです。


今は使われていませんが、かつては地域の長らが集まって、ここで大切なことを決めていたということです。


木組みの立派な建物です。

●ログハウスマガジン 5月号 ログマガ15.05.jpg


(発行:地球丸、3月30日発売)


担当ページ:P28~31ほか「よくわかるログハウス入門」、P124~127「筑波山麓和田工房」

 

連載「筑波山麓和田工房」では、菜園をアート(?)にデザインしました。


自然石をらせん状に並べたスパイラルハーブガーデンや丸太を並べた栽培区画、竹の支柱などをつくりました。

 

日に日に春めいてきて、今年も種まき、植え付けのシーズンスタートです。

●タコで砕石締め固め

 

セルフビルドの続きです。

_C3O6003.JPG

まだ、のんびりと基礎工事をやっています。

 


砕石を敷いたあとの作業で、その鎮圧です。

 

 

鎮圧には、丸太で作ったタコという土木作業用の道具を使います。

 


これを持ち上げては落し、持ち上げては落しと、地道に砕石を締め固めていくのです。

 

 

予定の砕石の半分ほどの厚さをまず締め固めて、その後、砕石もう半分加えて、さらに突き固めます。

 

 

砕石の厚さはおよそ15cm。全体の高さが均一になるようにします。

 

 

基礎部分をすべて突き固めるのに丸1日かかりました。

 


腕がパンパンです。

 

 

さて、話は変わりますが、明日から取材で南洋のパラオに行きます。

 


本当は15日に出発の予定でしたが、その日、経由地グアム周辺に台風があり、その影響で飛行機が欠航になってしまったのです。

 

 

24日帰国の予定です。

やさい畑15春.jpg●やさい畑 春号

 

(発行:家の光協会、3月3日発売)

 

担当ページ:P111~117

 

有機農家、涌井義郎さんによる連載「有機のワザを菜園に」の取材・執筆を担当。


今月は、トマトのカチカチ植えです。


地面をカチカチに固めることで、おいしいトマトを育てる常識破りのワザです。

●田舎暮らしの本 4月号 inaka15.04.jpg


(発行:宝島社、3月3日発売)


担当ページ:P26-27 「仕事も家もある田舎」


特集「仕事も家もある田舎」で、茨城県北部の常陸太田市にある中古家具のインターネット販売会社を取材しました。


くたびれアンティーク家具をひきとって、とても美しく再生しています。


暮らしの提案などイメージ戦略も怠りません。


とても活気あふれる会社でした

1