ブログ

2012年4月アーカイブ

IMG_0593+1.jpg久しぶりに風呂小屋づくりの話です。
基礎をつくったところで終っているので、その続きです。


我が家の風呂小屋は、軸組み工法です。
柱と梁を構造体とした昔からある一般的な建築です。
ほかには壁を構造体とした2×4工法とか、ログハウスの丸太組み構法というのがあります。


軸組み工法は、まず、柱や丸太をそれぞれ接続するため加工をしなくてはなりません。
ホゾや継ぎ手というものです。
寸法を測って、墨付けをして、ノコギリやノミで木材を刻んでいくわけです。
これを正確にやらないと、建物は組み上がりません。
地味で、面倒な作業ですが、とても大変です。
ちょうど去年の今頃、せっせこ、せっせこやっていました。
(上:材木、下:ノミで刻む)
IMG_0962+1.jpg


この刻みが終わると、いよいよ柱や梁を組み上げる建前(棟上げ)ということになります。

wimg02[1].jpg「新版 東京周辺自転車散歩」(山と渓谷社)4刷です!
2008年の発行ですから、ほぼ1年に1回のペースで版を重ねています。
とても、ありがたいことです。

ヨトウムシ.jpg過去のイラストを少しずつ載せていこうと思います。
こちらのイラストはサンプルです。
菜園の書籍に使おうかな、と思って書いたものです。

夢丸キッチン_0005.jpg 過去のイラストをちょっとアップします。
「夢の丸太小屋に暮らす」2011年11月号で描いたイラストです。
 食を楽しむためのDIY集です。
 タイトルの小さなキャラクターにもご注目ください。

 掲載誌のお知らせです。IMG_2620+1.jpg
「夢の丸太小屋に暮らす」では、連載「筑波山麓和田工房」で廃材を利用して薪棚をつくりました。
約1×2×4mサイズの棚です。材料を購入してつくったら柱や土台、梁などの角材だけでも2~3万円しそうなところを、もらった廃材なのでタダです。廃棄物をうまく利用できました。


 それで、こうゆう我が家のちょっとした節約術を「いなか暮らしの本」にイラスト付きで記しました。
特集は「生活費月10万円で豊かに暮らす」。我が家の生活費もほぼそんなものです。ただね、年金とか保険とか税金とか、年単位の支出が結構多いんですよね......。

1