ブログ

水道の問題 その3

 厚生労働省の資料による平成20年度の全国の水道普及率は97.5%である。
 都道府県別にみると、東京、大阪、沖縄が100%で、熊本の85.9%というのが最も低い。
 我が古家のある茨城県はというと92.0%。これは全国で43番目という低さである。
 そして、その茨城県の水道の通っていない8%に我が家があるのである。
 ほんの数十m先までは管が来ているというのに。


 不動産屋は当初、「全額負担で井戸を掘ります」と言った。
 まあ、それでもいいか、と思った。
 水道代もかからない。
 仮に水道を新たに引くとすると、水道使用の加入金というのがかかる。
 我が街では、一般的な家庭で使用する口径13mmの菅で12万6000円、20mmの菅で18万9000円もするのだ。


 井戸でいいじゃん。全額負担で掘ってくれるんだし(30~50万円くらいかかる。ポンプが必要だからさらに10万円だ)。


 しかし、ツレが反対した。
 万が一、井戸が枯れたり、汚染されたりしたら、困るというわけだ。
 エコキュートも井戸では推奨されないらしい(我が家に付く予定はないが)。


 そもそも重要事項説明書にあるのは水道で、物件の料金もそれを加味したものなのだから、話が違ってくる、というのもある。


 確かにそうだ。


 と、いうわけで、話が長くなるので、つづく。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wadayoshi.com/mt-tb.cgi/173

コメントする