ブログ

2010年4月アーカイブ

s-IMG_9235.jpgのサムネール画像エダマメが発芽した。

4月は天候が安定しなかったせいか、気温があまりあがらなかったせいか、播種後、2週間もかかった。通常は1週間から10日だ。

土をググッと持ち上げる姿に大変力強い生命力を感じるのである。


今年も夏のビールが待ち遠しい。

 ハツカダイコン.jpgkui.jpg適当に種をばら撒いておいたハツカダイコンが発芽した(写真右)。
 葉が重ならないように込み合ったところを、次々に間引きながら大きくする。
 この間引きという作業は、慣れないとなかなか思い切ってできない。
 もったいないのだ。
 最初のころは間引いた芽を、別の場所に植え替えたりなどした。
 それで、上手く育つことはないのだが。


 間引きは思い切りよくやることだ。
 その後の生長が違う。
 それを知ると、まったく間引きに躊躇することはなくなる。
 ストレスを発散するように、プチプチと抜くようになる。


 ハツカダイコンにしてみれば、次に間引かれるのは、我が身かとドキドキしているかもしれない。
 生長のよくない芽を抜くから、それを分かってくれれば競い合うように大きくなっていくはずだ。


 ハツカダイコンといっても20日では食べられるほど大きくならない。30~40日かかる。
 ちなみに"ハツカ"ネズミなどは食べられるくらいのお肉がつくまで2~3ヶ月もかかる(写真左、ペルーで食べたネズミちゃんだ)。

 10.04.17-02.jpg10.04.17-01.jpg10日ほど前に菜園に植えつけたジャガイモが発芽した。
 地割れができて、次の日にニョキっと緑の芽が出ていた。


 植えつけてからおよそ1カ月、まだか、まだかと、毎日畑を眺めていたのだから、嬉しいったらない。


 ジャガイモは1個の種イモが3カ月半で約15倍になる。
 どうやって増えていくのか、イモが太っていくのか、観察したいのだが、土を掘り起こすわけにはいかないので、とりあえずあと2カ月、まだか、まだかと、また待たねばならない。

s-IMG_8706.jpg先週末は暖かかった。

それで、冬の間、ほんのちょっと離れていたバイクを起こした。
バッテリーは充電しておいたので、ビンビンである。
15年以上も乗っているバイクで、およそ9万kmほど走っているが、まだまだ元気である。
オイルとフィルターとプラグを交換し、洗車をした。
ささやかなことだが、気分は昂ぶるものだ。
走りたかったが、その日は夕方から雨だった。


ETCも付けるつもりだったが、その数日前に新聞で、6月からその必要性があまりないようなことを読んだので、必要なくなってしまった。
これが喜ばしいことなのか、そうでないのかは、ちょっとまだ分からない。
このことだけではないけれど、物事を大きく動かしている人たちが、結局のところ、何をどうしたいのかが、分からない。
しっかりしてくれよ。

 10.04.14.jpg禿げた。
 脱毛症だ。脳天に一円玉ほどの禿げが発生した。
 自分ではそんなつもりはないのだが、どうもまいっているらしい。
 慌しさにである。菜園の花や緑を眺めているだけでは、発散しきれないようで、毛にきたわけである。


 以前も、同じような状況で、同じような禿ができたことがある。そのときは500円玉ほどに生長した。それで気分転換に1カ月ほど自転車で旅に出てしまった。アラスカに。


 すると、間もなく、禿げは直ったのであった。


 今の禿が生長したらどうしようね。
 写真のような空のあるところへ行くしかあるまいか。

1  2  3